FXトレードフィナンシャル

スワップ金利について

■最大のネックです■
FXトレード・フィナンシャルを使用して、取引を行うことに対して、デメリットとしてよく話題にのぼ
るのが、スワップ金利の絶対値が低いという事です。なぜかというと、IFX系であるアクトフォレックス
システムというのを使用しています。その特徴として、スワップ金利の絶対値が低く設定されている
というのがあります。

また、チャート機能の貧弱さも有名です。実は、これもIFX系システムの仕様です。お慰み程度に
ロウソク足の表示、チャート図面の印刷、最低限のテクニカル分析ツールは内蔵されていますが、
あまり効果的ではないのです。これは、IFX系システムを使っている会社のシステムでもそうなんです
よね。特に、テクニカル分析では、あまり詳細な設定をする事が出来ないです。また、情報サービスの
質も低いといえます。システムからは一応見る事が出来ますけど、それ以外ではありません。

また、何か問題があった時のためのサポートが24時間体制じゃないのも厳しいですね。市場というのは
24時間動いているものですからね。その時にサポートが行き届かないとなると、大きな損をしてしまう
人がいるという事になります。ちなみに、電話の受付時間は、平日AM8:00~PM10:00です。一応、
日本の市場には対応できますけどね。FXのメイン市場ともいえるアメリカ、ロンドンなどの市場に対応
出来ない場合がありますので。つまり、サポートには期待できないという事になります。

 

Page top