FXトレードフィナンシャル
■どのような業者なのか■
FXトレード・フィナンシャルっていう業者をご存知でしょうか。実は、長年FXにいそしんできた
人からすると、あまりなじみの名前なのだそうです。というのも、以前FXForJapanという名前で
FX事業を行っていましたからです。

FXトレード・フィナンシャルに社名を変更するに伴って、SAXO銀行のシステムからIFX系のシステムに
会社の方針を変更しました。結果として、短期売買のトレーダーにうれしい仕様へと変更しています。
手数料はもちろん無料ですし、その他の状況も、短期売買トレードをする環境では、十分な取引条件
だと思います。

また、社名や経営方針が変更されると、信託保全などのサービスがおかしくなってしまう会社も
あると聞きますけど、FXトレードフィナンシャルは、きちんと顧客の資産を信託保全させている
のも大きな特徴といえます。

また最大の特徴として、取引量に応じた金額がキャッシュバックされるというプラチナポイント
制度というものがあるんです。それを通年で行っています。ただ、月間200ロット以上を取引する
ような人のみですので、かなり敷居が高いですけどね。このサービスは、一回の取引で高額を使用
する人には、有難い制度でしょう。よりお金を使った人に対して、高割合のキャッシュバックが
受けられることになっています。つまり、取引枚数が多い人にとって、最適の環境を作り出して
いると思います。そういうサービスを展開しているからこそ、FXトレード・フィナンシャルが
上級者向けという人が多いのだと思います。

 

■たくさん口座があります■
FXトレードフィナンシャルのメリットといえば、口座の種類がたくさんあるという事です。4種類の
口座があって、それぞれに特色があります。その中で、オートFX、MT4という2つの自動取引を導入
しているという事からして、上級者向けですね。自動売買システムという仕組みが日本に浸透して
いないというのが現状ですので、2種類用意しているのは、珍しいはずです。

メリットとしては、「短期売買」に適しているという事です。なので、すぐに結果が欲しい人には
とても向いていると思います。通貨レートをクリックするだけで注文する事が可能になるワンクリック
注文は、とてもスピーディですので。このような意味では、デイトレ、スキャルピングに向いていると
思います。FXをしている人の多くは、忙しい人が多いはずですので。さくっと取引が出来るというのは、
大きなメリットになると思います。


というのも、システムの仕組みとして、通貨レート上をクリックしたときに約定となる仕組みを採用
していますので、他のFX会社のソフトと違い、比較的 自分が思った金額で約定する確率が高いですね。
この辺りの仕組みと言うのが、利用者にとって、理解しやすく出来ています。

個人的な感想としては、上級者向けとは言い切れないと思っています。というのも、システムがシンプル
だからです。FX初心者でも十分利益を出す事が出来るというのが、FXトレードフィナンシャルの
メリットではないでしょうか。

 

■最大のネックです■
FXトレード・フィナンシャルを使用して、取引を行うことに対して、デメリットとしてよく話題にのぼ
るのが、スワップ金利の絶対値が低いという事です。なぜかというと、IFX系であるアクトフォレックス
システムというのを使用しています。その特徴として、スワップ金利の絶対値が低く設定されている
というのがあります。

また、チャート機能の貧弱さも有名です。実は、これもIFX系システムの仕様です。お慰み程度に
ロウソク足の表示、チャート図面の印刷、最低限のテクニカル分析ツールは内蔵されていますが、
あまり効果的ではないのです。これは、IFX系システムを使っている会社のシステムでもそうなんです
よね。特に、テクニカル分析では、あまり詳細な設定をする事が出来ないです。また、情報サービスの
質も低いといえます。システムからは一応見る事が出来ますけど、それ以外ではありません。

また、何か問題があった時のためのサポートが24時間体制じゃないのも厳しいですね。市場というのは
24時間動いているものですからね。その時にサポートが行き届かないとなると、大きな損をしてしまう
人がいるという事になります。ちなみに、電話の受付時間は、平日AM8:00~PM10:00です。一応、
日本の市場には対応できますけどね。FXのメイン市場ともいえるアメリカ、ロンドンなどの市場に対応
出来ない場合がありますので。つまり、サポートには期待できないという事になります。

 

 

 

Page top