みんなのFX

環境からして悪いなんて事も

■歴史が複雑です■
FXという言葉をしらない人にとって、それを扱う業者ってどこか信用できないんじゃないの??という
感じになって当然です。そこが、みんなのFXのデメリットの一つですね。というのも、歴史があまり
よろしくないのです。もともと、みんなのFXを運営してたのは、「パンタ・レイ証券」なんですが、
行政処分を受けてしまってEMCOM証券に社名変更です。その後、レバレッジ規制に負けてしまい、FX事業を
とトレイダース証券に譲渡する事になります。結果として、EMCOM証券は廃業となっています。

そんな遍歴のみんなのFXですが、現在でも、評判が悪いなんて意見もあります。注文に関する改定があり、
仕様が変わったため、さらに顧客損失をなったなんて話もききます。

また、システムが不安定なんですよね。システムとして、EMCOMシステムを使い続けていますが、一応、
トレイダース証券に運営会社が変わってからは、致命的なミスを起こす事がなくなってはいますけどね。。
ですが、インターネットを介した事業を展開している会社ですので、システムが不安定という事は、
致命的な事なのです。顧客を一気に流出させてしまう可能性もはらんでいます。また、EMCOMシステムの
特徴でもあるのが、「約定力の弱」なんですよね。それは、みんなのFXのケースでも感じる事になると思います。

個人的には、運営会社のごたごたに巻き込まれている気がします。おちついた事業を展開する事ができれば、
さらに飛躍する事が出来ると思います。

 

Page top