取引時に、注意しなければいけない事
バイナリーオプションの取引は、Webブラウザ上で行うことになります。そこで、注意してもらいたい
のが、画面のリフレッシュを忘れないでくださいという事です。これ、以外に大事な事ですよ。

例えば、USD/JPYのバイナリーオプションであれば、毎日21:00に取引を開始し、翌日の20:00に取引
を終了します。その1時間後の21:00に新たな取引を開始するわけなんですが、そこで画面をリフレッシュ
しないで、取引を開始してしまうと、ブラウザの設定等によって前営業日のデータがブラウザ上に残って
しまう現象が発生します。その状況で、取引を進めてしまうのはあまりに危険ですよね。誤ったデータが
表示されているわけですので。

 

想定外の損失はありません
他の金融商品、特にFXなどの場合は、勝ちまくっていても一度の失敗で全てを失うなんて事があります
よね。特に、FXなどの場合はそうですよね。こういう失敗は、成功しているときに、それに酔ってしまい、
リスクを管理できなくなっているはずなのです。そのために、いわゆる「想定外」の自体が発生し、多額の
損失をこうむってしまうわけですね。

その点、HIGH&LOW方式の場合は、最初に投資をする金額を決めてしまう投資方法です。そのため、
投資金以上の損失を受けることはあり得ないのです。当然ですが、決済する時点で損失金額もわかります。
損失額がわかれば、リスク管理も容易にできます。それが、バイナリーオプションなのです。

 

投資額を決めておきましょう
バイナリーオプションは、各銘柄毎に設定された条件を上回るか、それとも下回るかを二者択一で
予想するだけの取引方法です。そのため、初心者でも、簡単にはじめる事が出来る金融商品だと
思います。

ですが、世の中そんなにはうまくいかないものです。簡単に始める事が出来るというメリットが
あると言う反面、予想が外れてしまうと、投資した金額を全て失うというデメリットもあるのです。
これ、以外にきつい条件なんです。All Or Nothingですから。初心者の人は、それを理解しないで
はじめてしまうかもしれません。

 

良く似た金融商品
バイナリーオプションと良く似た金融商品があるのをご存知ですか??それは、バニラオプションと
いうものです。バイナリーオプションとの違いといえば、バイナリーオプションが、一定期間に
おいて、あるレートの上限を予想するという金融商品なのに対して、バニラオプションは、期間を
自分で設定できるという事でしょうかね。

つまり、短期決済が特徴であるバイナリーオプションよりもさらに短い期間設定にすることもでき
ますし、長期間の商品として扱う事も出来ます。どちらの期間を選ぶかは本人次第だと思います。
それであれば、長期間保有してみたくなりますけどね。FXなどのハイリスクな金融商品と同じような
取引が出来ますので。

 

 

Page top