まずは練習です
バイナリーオプションがいくら簡単な金融取引だと言っても、経験がないと失敗することが多くなる
と思います。そこで、バイナリーオプションをこれからやってみようという人は、まずは、でも取引で
バイナリーオプションの仕組みというものを理解しておくといいと思います。

これまで金融商品を取引した事がないという人にとって、いわゆるHIGH AND LOWの仕組みこそ理解
出来ますけど、そこに至るまでの条件などを理解するのは難しいと思います。

 

わかりにくい人のために
バイナリーオプションは、金融商品の中では群をぬいて分かりやい金融商品だと思います。ですが、
そもそも金融商品というものが分かっていない人にとっては、やはりわかりにくいものですよね。

本来、日経オプションなどをやっていて、オプションの仕組みなどが理解できている人であれば、
理解できるのですけどね。そんな人の場合は、バイナリーオプション=チケットみたいなものと
考えればいいかもしれませんね。

 

テクニカルチャートを分析する
テクニカルチャートってご存知ですか??相場の流れなどを示す指標のことになります。バイナリー
オプションにおいては、バイナリーオプションで利益を上げるには、テクニカルチャートの分析が
絶対に必要です。テクニカルチャートには、テクニカルチャートには、トレンド系とオシレーター系の
2種類に大きく分けることができます。

トレンド系チャートとは、相場が上昇傾向にあるか、それとも下降傾向にあるかを示すチャートです。
相場全体の流れの予測したい時に使用されています。一方のオシレーター系チャートとは、相場の
過熱感を示すチャートです。オシレーター系チャートでは、他の投資たちが買っているのか、それとも
売っているのかを大まかに知ることができます。

 

バイナリーオプションでうまく使えるレンジ相場
レンジ相場ってご存知ですか??噛み砕いていうならば、特定の範囲の値幅の中で上下動を繰り返している
相場状況を指します。レンジ=箱ですので、箱の中に閉じ込められている状況になるので、こういうみたい
ですね。傾向として、相場の先行きを決定する材料が少ないとき、つまり、市場の動きが弱いときに、
こういう状況になりやすいといいます。レンジ相場になったときは、値幅は上下動を繰り返すのが特徴
といえますので、上がった後は下がり下がった後は上がることが予測できる。

そんなときにおすすめなのが、バイナリーオプションなのです。

 

バイナリーオプションは、いつの時間帯がいいのか
バイナリーオプションと他の金融商品の大きな差は、市場の値動きに応じない事です。単に、条件の
上か下かを当てるだけですので。ということはです。バイナリーオプションでは相場があまり動か
ないほうが、取引しやすいという事なんです。

例えば、FXなどでは、夕方から夜遅くにかけてが活発になります。不思議に思うかもしれないですが、
欧州時間から米国時間にかけて、相場がよく動くわけです。そのため、儲かるチャンスも多いと言われて
います。ですが、この場合は、値動きが大きいわけです。相場の方向性もころころ変わってしまいます。
そのため、バイナリーオプションには向いていないのです。

 

ポイントは円高か円安かです
今、最も注目されているFXのサービスが、バイナリーオプションと言われているものです。それは
なぜでしょうか。

一番大きな理由が、バイナリーオプションが円高なのか円安なのかを予想する事に特化した非常に
分かりやすい金融商品である事が上げられます。実は、FXだって基本的な考え方は同じです。円高
か円安を予想するものです。ですが、「特化」はしていないということが大事です。バイナリーオプション
には、FXのようにポジションを持った後に、利食い??損切り??そんな発想がない商品なんです。それで
あるがゆえに、誰でも理解できる事が可能なのです。

 

ローソク足について
ローソク足ってご存知ですか??日本のチャートの代表選手と言えるような存在です。一部では、
世界で一番精巧に工夫されている罫線であるといっても過言ではないと思います。この
チャートは、始値、高値、安値、終値を使用してローソクの形になったチャートです。

始値よりも終値の方が高いとものを陽線といいまして、チャート上では白抜きで表記します。
反対に、始値よりも終値の方が安いのを陰線といい黒ヌリで表記します。

 

上手に利益を上げる方法
リスクが低い事で知られているバイナリーオプションではありますけど、それでも利益が出る人と
出ない人がいます。それは、非常に単純ではありますけど、知らず知らずのうちに、バイナリー
オプションの攻略法を行っていたからかもしれません。

ただ、これは全ての金融商品に共通する事なのだと思います。

 

完璧な攻略法はないのです
バイナリーオプションが最近かなり話題になっています。それは、難しい知識も必要なく、経験も
いらないからなのです。また、システム事態も非常にシンプルです。勝ちか負けのどちらかしかなく、
少し負ける、少し勝つということもありません。そのため、バイナリーオプションのことを、
「オールオアナッシングオプション」という人もいるくらいなのです。

そのため、いろいろなインターネットサイトで「必勝法」みたいなものが取り上げられていますけど、
実は、バイナリーオプションにおいて、絶対といえるような方法論はないのです。というのも、相場の
動きを完璧に予想できる人はいません。つまり、全ての取引において、勝利するという事は事実上
不可能なのです。

 

市場の値動きはあまり関係ないです
他の金融商品は、市場の動きが活発でないとあまり収益に結びつかないといわれています。ここが、
バイナリーオプションとの明確な違いです。バイナリーオプションの場合は市場の値動きが小幅な
時でも、大きな利益を期待できる時があるのです。こういう利点があると、誰でも取引がおこない
易くなりますからね。今現在の市場の流れだとはある意味関係ないことになります。余計な勉強を
しなくてすむので、ハードルが低く設定されます。

 

移動平均線について
移動平均線とは、トレンド系の株価チャートの中で、かなり一般的なチャート分析方法です。現在の
株価水準を含め、過去の一定期間の株価の平均値を株価チャート上にポイントする事で、作成できる
チャートになります。

移動平均線のチャートにおいては、一日毎のローソク足の場合は、5日、25日、75日で平均値をとって
いくのが一般的です。移動平均線って、それぞれの期間における終値の平均値となります。つまり、
移動平均線の計算期間が短期であれば、平均値は、現在の株価の値動きに大して敏感にならざるをえま
せん。相当な影響を受けることになります。対して、平均期間を長くすれば、それだけ現在の株価変動が
与える影響度が小さくなりますので、平均線の動きは緩やかとなります。

 

裁量トレードのリスクヘッジとしての利用
FXを利用している人で、裁量トレードをしている人については、リスクのヘッジとしてバイナリー
オプションを利用するのがいいと思います。

例えば、1ドル==100円の時に、裁量トレードで101円での利益確定を狙っているとします。であり
ながら、バイナリーオプションで、それとは逆の1ドル=100円を下回るとしておくのです。これであれば、
仮に、101円になったときでも、予想に反して、ドルが100円以下になったときでも、利益を確保する、
損失を少しでも抑えることが出来るという仕組みです。

 

 

Page top