バイナリーオプションでうまく使えるレンジ相場
レンジ相場ってご存知ですか??噛み砕いていうならば、特定の範囲の値幅の中で上下動を繰り返している
相場状況を指します。レンジ=箱ですので、箱の中に閉じ込められている状況になるので、こういうみたい
ですね。傾向として、相場の先行きを決定する材料が少ないとき、つまり、市場の動きが弱いときに、
こういう状況になりやすいといいます。レンジ相場になったときは、値幅は上下動を繰り返すのが特徴
といえますので、上がった後は下がり下がった後は上がることが予測できる。

そんなときにおすすめなのが、バイナリーオプションなのです。

というのも、バイナリーオプションはある条件のもとで設定した値よりも上回るか下回るかを予想する
金融商品ですよね。しかも、制限時間の5分前でも取引が出来るなんて会社もあるくらいです。という
事は、レンジ相場だと思われるときは、直前の値動き具合をみて、上昇するかどうかの予想が立てやす
くなるという事なのです。問題は、いまがレンジ相場である事を見抜けるのかという事かもしれません
よね。

例えば、ドル/円のレートが80.50だとした場合、レンジ相場になりそうだと判断したら、81.00で
下落予想して、80.00で上昇予想で売りと買いの2つの注文を出します。仮に、予想が見事に的中すれば、
利益がダブルで発生しますし、仮にどちらかの予想が外れても、負けは1つしかないので損失を減らす
ことができます。これであれば、リスクをかなり回避する事が出来ますので安心です。

 

Page top