ローソク足について
ローソク足ってご存知ですか??日本のチャートの代表選手と言えるような存在です。一部では、
世界で一番精巧に工夫されている罫線であるといっても過言ではないと思います。この
チャートは、始値、高値、安値、終値を使用してローソクの形になったチャートです。

始値よりも終値の方が高いとものを陽線といいまして、チャート上では白抜きで表記します。
反対に、始値よりも終値の方が安いのを陰線といい黒ヌリで表記します。

相場として、陽線がたくさんあったほうがいいのはいうまでもありませんよね。また「寄引同時線」
というのもとても大切です。寄引同時線とは、終値と始値が同値で実体部分のない足で、相場が動く
時にたくさん出ることが多いのが特徴です。

ローソク足って単独でも一応を意味があるのですが、より確度の高い予想を立てたいと思うので
あれば、いくつかの組み合わせを理解する必要がありまう。

たとえば、「不連続線」です。これは、2本のローソク足が、値を飛ばし並んでいる状態です。この
空間を専門用語として、「窓」といいます。窓は、その時点での人気の片寄りを示していますので、
市場が転換する時に、良く出てくる状態といえます。

このほかにもいろいろな線がありますので、都度勉強しておく必要があります。ローソク足は、日本で
一番有名なチャート表ですので、これを理解しておけば、金融商品にある程度詳しくなっていると
いえると思いますよ。

 

Page top