移動平均線について
移動平均線とは、トレンド系の株価チャートの中で、かなり一般的なチャート分析方法です。現在の
株価水準を含め、過去の一定期間の株価の平均値を株価チャート上にポイントする事で、作成できる
チャートになります。

移動平均線のチャートにおいては、一日毎のローソク足の場合は、5日、25日、75日で平均値をとって
いくのが一般的です。移動平均線って、それぞれの期間における終値の平均値となります。つまり、
移動平均線の計算期間が短期であれば、平均値は、現在の株価の値動きに大して敏感にならざるをえま
せん。相当な影響を受けることになります。対して、平均期間を長くすれば、それだけ現在の株価変動が
与える影響度が小さくなりますので、平均線の動きは緩やかとなります。

この移動平均線をどう活用していくか??仮に、平均線が右肩上がりであれば、「上昇」、右肩下がりで
あれば、「下降」であると言えます。また、株価の方向性以外にも、移動平均線は、株価の支持線として
も利用されます。逆に、下落傾向で、値ごろ感から買いが入った場合は、抵抗線になります。

ただ、気をつけてください。移動平均線は、その性質上、期間が短い場合はどうしても直近の株価に大きく
影響してしまうのです。仮に、直近の株価の値動きが急激であった場合は、あまり信用できない値となって
しまう可能性もありますので。そのため、株価が乱高下するような局面では移動平均線は使えません。

 

Page top