いつでも取引停止可能です
バイナリーオプションとは、非常にシンプルに取引を行う事が出来ます。こちらが考えるのは、
ある目標値から高いか低いかだけですから。そのあまりにシンプルな取引であるがゆえに、変な勘違い
をしている人がいるみたいなのです。

それが、清算を途中で出来ないのではないかという事です。例えば、日経であれば、一度買ったり
売ったりしたら、15:00の引けまで待たなくてはいけないというわけではないのです。15:00になる
前であれば、何回でも売ったり、買ったり、一度買ったものを売ったりする事も出来るのですよ。

 

それぞれの銘柄には取引時間があります
バイナリーオプションは、24時間以内に必ず清算される取引です。なので、初心者の方は取引時間に
ついても、知っておいたほうが良いと思います。意外と、幅が広いという事も認識しておくといいと
思います。代表的なものをあげておきます。

ちなみに、日本の日経株価225指数は、9時3分~14時59分です。意外と短い時間で取引が行われて
いることがわかりますよね。世界の中心的な市場である、NYダウ30は、6時55分~翌5時59分まで。
イギリスFTSE100は、2時~翌1時29です。これでわかると思いますが、時差の関係上、世界中の市場
というのは、どこかしらで動いているのです。それだけ、チャンスもありますけど、リスクを抱える
可能性があるというのも理解しておきましょう。

 

各証券会社の取引ルールについて
バイナリーオプションを取り扱っているFX業者が増えてきていますけど、各会社毎にルールの差がある
ことに注目してください。決して同じルールではないのです。

例えば、FXトレード・フィナンシャルは、申し込み締め切り時間は判定時間の5分前です。それを裏がえ
すと、わずか5分後のレートを予測するだけで利益を得られる可能性があるという事になります。
IGマーケッツ証券は、毎日21時のレート価格を予測します。みんなのFXは、申込締切り時間は判定時刻
の10分前になります。GMOクリック証券は、購入申し込み時刻に決定した10分後のレート価格が円高に
なるか、円安になるかを予想します。

 

 

Page top