FXバイナリーとは
個人的には真意がわからないのですが、金融商品=FXというイメージが抜けきれない人がいるようです。
そういう人にとっては、バイナリーオプションも取引しづらい商品になってしまいます。そんな人には、
FXバイナリーから行うのがおすすめです。

FXバイナリーは、米ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円の4種類のレートの上げ下げを予想するだけ
なので、FX経験者であれば、誰でも仕組みを理解する事が出来ると思います。それに、単純にあがるか
下がるかを予想するだけだというのに、FXよりも一気に利益を得られる可能性が高まるのが特徴です。
例えば、1万通貨取引のFXの場合、自分の予想が的中して1万円の利益ですよね。ですが、バイナリー
オプションの場合は、1万円で1銭でも予想が思惑通りに行けば、少なくとも8800円程度の利益を得る
ことができますので。

 

FX取引との違いはなんなのでしょう
今や、株取引と同じくらい人気がある金融商品が、「FX」です。この、FX取引とバイナリーオプション
との違いについて、検証していきましょう。

まず、従来のFX取引は、いつ手放すかを自分で決めなければならないものでした。そのタイミングを
見極めるために、いろいろなニュースをみて、分析する必要があったというわけです。一方で、
バイナリーオプションは、取引を開始したときに、決済のタイミング、最大の利益幅、最大の損失幅が
決定されるという大きな特徴があります。なので、国際情勢などが知らなくても、なんとか取引できて
しまうわけです。

 

エネルギーバイナリーとは
バイナリーオプションであつかう商品は、「円高」か「円安」だけだと思っていませんか??実は
それだけではなく、中にはエネルギーを扱っている銘柄もあるのです。ちなみに、エネルギー銘柄
としては、「原油」が一般的です。

日本人の中には、原油を金融商品というイメージがないかもしれないですよね。でも、立派な金融商品
なのです。私たちが日々使用しているガソリンの値段にも影響を及ぼしているのですよ。というよりも
一時期、日本のガソリンが、1リットル180円くらいに急増した理由は、世界の投資家が、純粋な金融商品
では儲からないと感じて、エネルギー商品に投資を始めたからなんです。その事で、原油の価値が上がって
しまい、ガソリンの値段が急騰したわけです。

 

バイナリーオプションの種類
バイナリーオプションで、最も一般的な方法は、HIGH&LOWという手法ですが、その他にも、2つ、計3つ
の方法があります。

まずは、「HIGH&LOW」です。これは、バイナリーオプションのなかで最も一般的な方法です。現在の
レートと比較して、一定時間後のレートは上昇しているか下落しているを予想する。たったそれだけの
方法です。途中経過の数値はまったく関係ありません。あらかじめ決められた判定時間に必ず決済されます。

 

 

Page top