エネルギーバイナリーとは

金融の世界だけではありません

バイナリーオプションであつかう商品は、「円高」か「円安」だけだと思っていませんか??実は
それだけではなく、中にはエネルギーを扱っている銘柄もあるのです。ちなみに、エネルギー銘柄
としては、「原油」が一般的です。

日本人の中には、原油を金融商品というイメージがないかもしれないですよね。でも、立派な金融商品
なのです。私たちが日々使用しているガソリンの値段にも影響を及ぼしているのですよ。というよりも
一時期、日本のガソリンが、1リットル180円くらいに急増した理由は、世界の投資家が、純粋な金融商品
では儲からないと感じて、エネルギー商品に投資を始めたからなんです。その事で、原油の価値が上がって
しまい、ガソリンの値段が急騰したわけです。

ちなみに、バイナリーオプションにおける石油の取り扱いですが、他の金融商品と同じように、ラダー
オプション、ワンタッチオプションの2種類があります。

ラダーオプションでは、注文受付時間が、06:02~07:15、08:02~04:25で、取引終了が、04:30です。
ワンタッチオプションが、23:02~04:25、取引終了04:30になっています。

損益額は、+-10ドルですね。個人的には、原油の値段が上がるのかそうでないのか。。これを予想する
事はあまりに難しいような気がします。なので、取引終了時に、どうなっているかを予想するラダー
オプションよりも、取引中に、一度でも設定額に到達する事を予想する、ワンタッチオプションの方が
予想しやすいかなと思います。

 

Page top