視覚的に大きな違いがあります

熱を見ていきましょう

バイナリーオプションで勝利するためには、今現在の、市場の熱を知っておく事も意外と大事です。
それを知る事が出来るチャートが、ストキャスティクスです。ストキャスティクスとは、所謂
オシレータ系のチャートです。相場の売られすぎ買われすぎを0~100%の数値で表示するという
ものになっています。そういう点では、同じオシレータ系のチャートであるRSIにも似ている部分が
あるのですが、明確な違いとして、ストキャスティクスにはラインが2本あるところですかね。

ストキャスティクスを見ていくと、買いのシグナルというのが必ず出てきます。当然、その逆である
売りシグナルも出てきます。この双方をいかに理解して、適切な判断を行うかが大切なんです。こう
書いてしまうと、とてもテクニカルな分析、野球のスコアラーのような分析が必要になってくるみたいな
イメージがありますけど、あくまでも計算はシステムが行ってくれるので安心してください。大事なのは、
グラフ化された情報を分析する事だけです。これは、経験がついてくると、自然と身についてきます。

ストキャスティクスは、ファスト・ストキャスティクス、スロー・ストキャスティクスの2種類のスト
キャスティクスがありますが、特徴として、スロー・ストキャスティクスは遅れてシグナルを出す傾向
にあるので、グラフの曲線がとても緩やかです。自分の購入方法として、頻繁に売買を行う人は、
ファスト・ストキャスティクスがよいでしょう。ただ、所謂だましに引っかかる事がないようにして
ください。

個人的には、本当の初心者であれば、トレンド系のチャートがいいと思いますが、数字に強い人。論理的
な思考の人には、オシレータ系のチャート機能が馴染む可能性があります。失敗も楽しめるような人だと
なおさらですね。

 

Page top