アメリカの次に大切ですね
バイナリーオプションの取引を行うわけで、とても大事なのは情報だからです。最も大事な情報は、
やはり世界の経済の中心であるアメリカの経済指標ですが、それについで大事なのが、ヨーロッパの
経済指標になります。その中でも、「ドイツ」です。ドイツは、近年、経済危機が心配されている
ヨーロッパでも抜群の安定感を誇っているのです。もともと、EU最大の経済国ですからね。

実は、アメリカで言うところのFCMCにあたるECB(欧州中央銀行)の影響力が年々増してきて
いるのです。ECBは、ユーロの政策金利を決定しています。動向ももちろん注目するべきなん
ですが、ECB総裁の発言が注目されているのです。その根本にあるのは、世界の経済の中心で
あるアメリカの影響力が落ちてきている事があげられています。その結果として、ユーロの権力が
増しているというわけです。

注目するべき指標としては、失業率はもちろんとして、小売売上高、IFO景況感指数、ZEW景況感指数
という事になります。IFOとは、ドイツの経済研究所の事ですその研究所が発表しているドイツ企業の
景況感に対する調査結果のことです。約7000社の企業に対し、毎月調査を実施しています。この調査対象
数が多い事が、この数値の信用度の高さを示していると思います。日経平均株価にしても、225社程度
ですから。

実際、バイナリーオプションの中には、ユーロを扱う商品もありますので。ヨーロッパの経済指標を
きちんとおさえて置く事が大事だと思います。

 

Page top