ヒロセ通商
■非常に優秀です■
ヒロセ通商の特徴といえば、やはりシステム面という事になります。システムをたくさん所有している
というだけでも十分な特徴になりますけど。クリック1つで注文が出せるワンクリック注文や時間が指定
できる、チャートからの注文機能など幅広い機能を搭載しています。幅広い機能を搭載しているという
事は、それだけメンテナンスが大変なわけで。かなり、挑戦的な会社といえます。

それだけではなく、チャートは非常に高性能なんです。デイトレードに向いている業者のチャート機能は、
最低限のものしかないのが多いのですけども、ヒロセ通商はチャートとデイトレ両方が高性能になって
います。チャート機能が高性能という事はそれだけ勝利にむけての情報がたくさんあるという事に
なりますので。

ただ、そのシステムを支えているサーバは、他の業者のレンタルと言う形が多いです。4つあるシステム
のうち、LIONFXだけはヒロセ通商の独自のシステムなのだそうです。というのも、LIONFXは、それまでの
3つのシステムに対する顧客の要望を拾い上げて製造したシステムになりますので。いわゆるスクラッチ
システムですね。ですが、最近は、LIONFXのシステムトラブルが多い傾向がありますので。そこの部分を
解決する事ができれば、さらにサービスの質も格段に進歩すると思いますけどね。現状では、確固たる
理由が見つかっていないのだそうです。となると、再現性が確認されるまでは、有効な手が打てないと
いう事になりますので。

 

■諸刃の剣になってしまいます■
ヒロセ通商の特徴は、システムが充実しているという事です。ですが、これは諸刃の剣になり
かねません。ある企業が売りにしている部分というのは、応じて、デメリットになりがちな
ものなのです。

ヒロセ通商のシステムは、Javaというプログラム言語を使用していて、ヒロセ通商のホームページ
からログインすることになりますが、正直このツールは低スペックのパソコンには重いそうです。
結局JavaRunTimeがないとログインできないのでJavaをインストールする必要があるからなのです。
低スペックといってもどの程度のパソコンの事をいうかは別です。大事なのは、メモリの残り
具合が大事になりますので。

また、サポートの範囲が、IE6.0以上のみというのもいただけません。確かに、日本においては、IEが
圧倒的なシェアを誇っているのは事実です。ですが、パソコンに詳しい人などは、FireFoxなどのブラウザ
を使用していることが多いですので。そういう人たちがサポート外になるというもの変な話です。仮に、
今後IEが廃れてしまうと、その時点でヒロセ通商のサービスも廃れていってしまうということになります。
IE以外のWebブラウザがサポート外であるという理由は、おそらく、検証作業がまだ完璧ではないからだと
思います。今からでも遅くはないので、システム部門の増強を図っていくべきだと思います。特に、システム
検証要員の充実を図るべきですね。

 

■かなりの手間なんですよね■
普通、FX業者というのは1社に着き、一つのシステムしか所有していないものです。理由は、単純です。
システムを所有しているという事は、メンテナンス、サービスの拡充、アプリケーションのバージョン
アップ等を行わないといけません。そのためには、莫大な費用、時間がかかりますので、

それは、かなり非効率ですよね。

ですが、ヒロセ通商にはなんと4つのシステムを抱えているのです。4つです。それも、自社社員が使用
するようなシステムではなくて、外向けのものです。個人的には無謀とも思えます。それも、システム
は相反するかのような別タイプの商品ですので。メンテナンスはかなり大変だと思います。ですが、
短期売買、長期投資など様々な世代やタイプの投資家にどれかが一致するというメリットがあります。
言葉は悪いですが、まさに数打ちゃ当たるというビジネスモデルになります。

また、手数料が無料と言うのも特徴の一つであるといえます。常識でいうと、証券会社はこの手数料
を儲けに設定しているケースが多いですから。かなり、顧客よりのサービスという事がいえます。
低スプレッドという徹底的なコスト削減を実現する事が可能になります。

それを考えると、かなり初心者向けのサービスになると思います。数多くの商品をラインナップして
いて、手数料がない。これであれば、初心者でもどこかにひっかかる部分がありますので。それを
狙っているのかもしれませんね。

 

 

 

Page top